Hatena::ブログ(Diary)

照顧脚下(日々の雑感に馬券と本)

2017-04-09 日曜競馬 回顧

日曜競馬 回顧




[桜花賞(G1)]


f:id:bakenshikabuya:20170409200504p:image


競馬に絶対は無い」 

競馬の格言、思い起こさせるようなレースでしたね。

前後半が 46.5 - 48.0 、カワキタエンカの逃げによる、やや早いペースに

なりました。

(12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8)

ソウルスターリングは絶対的大本命馬ですので、本命馬らしい競馬を強いられます。

そこが気楽な立場のリスグラシューとは違うところです。

道中、ちょっと力んで走ってましたかね。ルメール騎手の鞭にも応えることが出来ず

直前を行くレーヌミノルを捉えられず、後方から伸びたリスグラシューに差される

という、考えられる中で最悪の負け方ですね。 もう、言い訳がきかない。



馬は大変敏感な生き物で、何かを察することに長けています。

大舞台での周囲の誰もが認める大本命馬。馬がいつもと何かが違うことを敏感に察して

本番で力を出せなかったのかもしれません。

ソウルスターリングの精神状態が、普通ではなかった可能性がありますね。

タイキシャトルのスプリンターズS・3着も同じような状況でしたね。)

いずれにしても、仕切り直しでしょう。

勝ったレーヌミノルは、渋った馬場が得意なダイワメジャー産駒で、父同様に先行押し

切るという、父上のマイルCSを思い出しました。

この勝利は地力で勝ち取ったもので、立派でしょう。池添騎手らしい強気の競馬

功を奏しました。

リスグラシューは、ここをメイチ(目一杯)に仕上げたので、オークスに間に合うか。

アドマイヤミヤビは後方から進んで、全く見せ場がありませんでした。

仁川のマイル戦は、忙しく向いてなかったのでしょうか。


D

東京新聞コラム




こういう笑い話がある。地主が自分の土地にある池で釣りをしている男を見つけて大声

を出した。「そこの看板が見えないのか。<魚釣りを禁ず>と書いてあるだろ。罰金を

払えっ」。すると男が逆に怒鳴り返した。「この嘘(うそ)つきめ! 何時間たっても

一匹も釣れないぞ」



▼魚などいないのに「釣り厳禁」とは罪つくりな看板だが、国会で審議が本格化した

「共謀罪」も、かなりうさんくさい看板だろう



▼魚釣りが法で禁じられた池で、腕試ししようと仲間と話し合う。釣り具を持って池まで

足を運んだが、気がとがめてやめた。それでも、違法な釣りを仲間と計画したのだからと、

罪に問うのが「共謀罪」だ



▼こんな乱暴な話はないと反発されて、過去に三たび廃案になった。そこで政府が考えた

策が、看板の付け替えだ。「共謀罪」を「テロ等準備罪」と変えたのだが、政府の当初案

では条文に肝心の「テロ」の文言が一つもなかったのだから、ひどい看板もあったものだ



東京五輪招致の際、安倍首相は「(東京は)世界有数の安全な都市」と大きな看板を掲げて

みせたのに、今は「(共謀罪など)法整備をできなければ東京五輪を開けないと言っても過言

ではない」



▼「テロ」の看板を掲げれば、皆ただ恐れをなし、「五輪」の看板を掲げれば、皆、賛成する

だろう−とは、ずいぶん国民を見下した「看板政治」ではないか。



http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2017040802000157.html



一回、無慈悲なテロリストに、東京新聞や中日新聞の本社が

襲われて、甚大な被害でも出れば、考え方も変わるでしょう。

やはり世界の警察官




f:id:bakenshikabuya:20170409205417p:image


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000020-jij-n_ame


米海軍空母打撃群

f:id:bakenshikabuya:20170409205416p:image


大統領選挙戦の時のトランプ氏の演説には肝を冷やし

ましたが、何だかんだ言っても米国に世界の警察官の

役割を果たしていただかないと ...。

シリア政府軍の化学兵器使用に対する、ミサイリ攻撃は

米国内だけではなく、世界中が喝采を送りました。

しかし、北チョンは一筋縄ではいきません。

ヘタをすると米国がそれだけは避けたい、陸上戦に陥る

可能性があるからです。

真の国際貢献




シリア攻撃の衝撃…中国は米と密約か

国内反発恐れだんまり 北は「斬首作戦」に激しく反応



米軍によるシリア攻撃が6日の米中首脳夕食会でトランプ大統領から習近平国家主席に直接

伝えられたことは、中国側に衝撃を与えた。北朝鮮攻撃の「警告」であることは明らかだっ

たためだ。



中国=協力合意したが

 


仮に事前通告があったのなら、中国は「すでに複雑なシリア情勢を一層悪化させる」として

反対を表明したはずだ。しかし、発射ボタンが押された後では、会談決裂を避ける上でも米側

の措置を受け入れるほかなかった。ティラーソン国務長官ら米側は、会談で米中首脳が北朝鮮

の核開発に懸念を示し、開発阻止に向けた協力強化で合意したと発表した。

ところが、首脳会談を伝えた国営新華社通信などの中国メディアは、北朝鮮核問題に具体的に

触れなかった。「米との妥協」が中国国内で反発を招くことを懸念したためとみられる。

 


米国によるシリア空爆は、今後の北朝鮮への武力行使を暗示する動向として中国世論にも大き

な衝撃を与えた。中国のインターネット上では7日午後から「中国人民解放軍瀋陽戦区の医療

・後方支援部隊が国境の鴨緑江付近に向かった」との情報が拡散している。瀋陽市内とみられ

る町中を軍の車列が移動する映像も出回ったが、当局は関連の情報を削除している。「北朝鮮

からの難民流出に備えるための演習だ」と指摘する声がある。



北朝鮮への『斬首』作戦は一触即発の状態を招く」。ネット上では緊迫化する朝鮮半島情勢

への懸念が広がり、「北朝鮮が攻撃されれば中国は支援する義務がある」などと米国に反発する

声が多く寄せられている。


(中略)


米側から攻撃を受けた北朝鮮韓国への報復攻撃をすれば、6万人近くに上る在韓邦人の保護

が課題となる。日本政府は独自の退避計画を作成するとともに、米軍の協力を得て邦人の安全

確保を図る。



「邦人退避の問題は以前から取り組んでいる。『とりあえずは大丈夫だ』というのが答えだ」

政府高官は7日夜、産経新聞の取材に対しこう語った。政府は1993年の北朝鮮核危機を受け、

94年までに関係省庁が検討を重ね、朝鮮半島有事の際の邦人退避計画を作成し、その後も更新

を重ねている。

 


在韓邦人の民間定期便での退避が困難であれば、自衛隊の航空機や艦船とともに、政府チャーター

機・船舶を活用する。

 


海上自衛隊関係者は「韓国に近い対馬長崎県)に輸送艦『おおすみ』を待機させ、ヘリコプター

でピストン輸送することはあり得る」と語る。ただ、日本単独での退避支援には限界がある。米軍

に依存しなければならないケースが想定され、昨年3月に施行された安全保障関連法により米軍と

の連携強化を図る。

 


朝鮮半島情勢が「重要影響事態」と認定されれば、自衛隊は米軍への後方支援を行える。日本政府

関係者によると、米第3海兵遠征軍司令部(沖縄県うるま市)では、韓国国内の米国人の人数が毎朝

報告され、退避方法を確認するという。しかし「日本ではそこまで詰めた準備はしていない」(自衛

隊関係者)のが実情だ。



http://www.sankei.com/world/news/170409/wor1704090026-n1.html

f:id:bakenshikabuya:20170409215453p:image


まぁアレです。隣国の自国民の保護を米国に依存するということ自体

異常事態と言っても構わないでしょう。 海を隔てた隣の国ですよ。

もし米軍が北爆を敢行し、北チョンが応戦した場合、日本人どころか

南チョンだけでなく、在韓外国人の避難民が日本に押し寄せます。

日本は国際貢献の面で、彼らの保護に努めなければなりません。

口だけではなく、国家の面子に欠けて軍事的だけではなく、このような

後方支援の計画と準備が必要なんですよね。