Hatena::ブログ(Diary)

見聞読考録

2017-03-10

花の最期を看取るということ

ゲストスピーカーとして話します。

興味のある方は,是非。


柿崎順一アーティストトーク「花の最期を看取るということ」

場所|UNTAPPED HOSTEL

日時|2017年03月12日

Web|http://www.ultimatehotelguide.com/hotel/793686520654622/UNTAPPED+HOSTEL


見聞読考録 2017/03/10

2015-07-17

ウミネコの話/EZOゼミ

今月,7月29日に北海道大学でセミナーを主宰します.その名も,「EZOゼミ」.今回で 21回目を向かえます.詳細は下記の通り.むちゃくちゃ面白そうで,今から楽しみです.


予約は必要ありません.皆さま,奮ってご参加ください.学外からでも,あるいは一般の方でも構いませんよ.

--------------------

演者|風間健太郎博士(名城大学,学振 PD)

表題|ウミネコの個性が集団繁殖において果たす機能とウミネコの糞が食糧生産において果たす役割

会場|地球環境科学院 c202

日時|7/29 17:00-

要旨|はじめにウミネコの個性の話をする。多くの個体が密集して繁殖する海鳥では、捕食リスクや捕食者に対する防衛コストが隣接する個体によって均等に共有されていると考えられてきた。しかし、北海道利尻島で集団繁殖するウミネコの捕食者に対する防衛強度には、血中ホルモン(テストステロン)濃度の差から生じる大きな個体変異があった。防衛強度は季節や年をまたいで個体に一貫していた。防衛強度の高い一部の個体のみが常に積極的な防衛を行うことにより、それらの個体の周辺に営巣する個体は自身が防衛を行わずとも捕食リスクを減少させて繁殖成功率を上昇させられた。さらに、防衛強度の高い個体の周辺ほど多くの個体が密集して営巣しており、防衛強度の個体変異は巣場所の選択や集団の形成プロセスにも影響しうることがわかってきた。セミナーでは、発表者の一連の研究を紹介し、隣接個体間の血縁関係や婚外受精の検証結果から明らかになりつつある、一部の個体による利他的な防衛の進化・生態学的な意義についてお話しする。

続いてウミネコの糞(うんこ)の話をする。魚食性の海鳥が糞として供給する大量の栄養分により営巣地の植物の生産性が高まることはよく知られてきた。こうした海鳥による栄養分供給は人間の食糧生産に貢献しないだろうか。私は安定同位体をトレーサーに用いてこの可能性を検証している。上述の利尻島では、ウミネコによって沿岸域に供給される窒素は乾重量で年間最大4,000kgにものぼり、この窒素供給は沿岸域の食糧生産に貢献することがわかってきた。営巣地周辺海域ではリシリコンブを含む複数の海藻類や無脊椎動物が糞由来の窒素を体内に多量に取り込んでおり、その生産性は営巣地に近接していない海域に比べて最大で2倍程度高かった。同様の事例は里山農耕地でも確認された。愛知県美浜町のカワウ営巣地に隣接する水田では、カワウの糞が営巣地から流れ込むことにより、化学肥料をほとんど用いなくともイネを栽培できていた。セミナーでは、これら海鳥が提供する新たな生態系サービスについての一連の研究を紹介するとともに、私が個性とうんこといった大きくかけ離れた研究テーマに取り組ようになった背景についてもお話ししたい。

--------------------

セミナーのあとはもちろん,講演者を囲っての懇親会をやります.こちらに参加されたい方は,予めご連絡ください.


24日までとしましょう.このブログにコメントくださるだけでも OK です.


見聞読考録 2015/07/17

カルチャーナイト@西岡公園

今晩 18時から,札幌市の西岡公園のイベントに講師として参加します.


f:id:kenbun:20150717121845j:image:w640

f:id:kenbun:20150717121846j:image:w640


皆さまお誘い合わせのうえ,是非どうぞ.


見聞読考録 2015/07/17

2014-03-30

あと2日

仙台での生活も残すところあと2日。


結局ギリギリまで後始末に追われる今日この頃。

書類が、標本が、、嗚呼、間に合うのだろうか。


思い残すこともあるような気がするけど、新天地への期待の方が遥かに大きい。楽しみだなぁ。わくわく。


札幌の皆さん、これからどうぞよろしくお願いします。

仙台の皆さん、長らくお世話になりました。

札幌にお越しの際は、ぜひご一報を。


見聞読考録 2014/03/30

2010-09-18

追記

こんなこと書いてある!

猛暑のおかげ、鮮やかな紅葉


信じていいのかな?

しかし、俄然やる気出てきたよ!


見聞読考録 2010/09/18

紅葉狩りに行きたい

月山に行きたい!

紅葉狩りに行きたい!

月山に紅葉狩りに行きたい行きたい!!


予想では、月山の紅葉は10月3日からとのこと。行くなら来月頭から中旬までだな。


皆乗って来い!


見聞読考録 2010/09/18

2010-08-21

遠出

明日(今日)からまた一週間ほど、野外に出る。

宮城→栃木→福島→新潟→山形→宮城 と盛り沢山の日程。

楽しみだ。


さて、そろそろ準備を始めよう。


見聞読考録 2010/08/21

2010-06-11

サバイバル生活開始まであと半日

明日から約一ヶ月、調査のため北海道に行く。

昼は野外調査と研究材料の採集、夜は主に車中泊あるいはテン泊というサバイバル生活。いやぁ楽しみだ。


加えて、ここ仙台は来週から梅雨入りだとか?

さて、逃げるか。


2010/06/11 見聞読考録

2010-02-23

出発

2010/02/23

夜行バス (仙台→東京)


2010/02/24

フェリー・おがさわら丸 (東京→小笠原(東京))


2010/02/25

小笠原上陸


まず着くまでが大変だな(笑)

では、行ってきます。


2010/02/23 見聞読考録

2010-01-29

大阪

明後日から、とある講習会に参加するため、大阪に行ってきます。


楽しみ。


2010/01/29 見聞読考録

2010-01-25

準備

2月の末から2週間ほど小笠原の貝類の調査に同行することになった。

待ち望んだ小笠原デビューまであと一ヶ月!


ということで、本日は準備という名のショッピングに勤しんだ。

金額にして、実に2万円強。盛大に買いまくった。こんな派手に買い物をしたのはいつ振りのことだろう?


しかし、備えすぎて悪いことはない。調査地は小笠原。人を拒むかのように切り立った岩が並ぶ絶海の孤島。準備不足は命取りだ。

ぬかりのないよう準備したい。


あ。

腕時計買い忘れた。


2010/01/25 見聞読考録

2010-01-07

サンプリング

明日は、久々のサンプリング。

冬眠中の生き物たちを求めて冬の山をさまよって来ます。


成果は後日。

乞うご期待!!


2010/01/07 見聞読考録