Hatena::ブログ(Diary)

見聞読考録

2017-04-04

置き引き被害@ブリュッセル

デジタル一眼をスられてしまった。一緒に入っていたマクロレンズも,代えのバッテリーも,レリーズもすべて。


ベルギーはブリュッセルのとある博物館の 1F。陽光の差し込む静かなロビーで,PC を開いていた,隣に荷物を置いて。人も少ない,閑散としたロビーであったことに,気が緩んでしまったのだろう。


隣に一人の中年の女性が座った。物静かなブロンドの髪の痩せた女性で,僕と同じように博物館を巡り終えて,くつろいだ様子だった。


一仕事終えて,PC を閉じる。隣の女性が同じタイミングで立ち上がったのに,少し違和感を覚えた。そこにあった撮影道具一式が消えているのに気づいたのは,女性がいなくなった後であった。


悔やまれるは何といっても写真だ。歩きに歩いたこの数日で,8 GB x 4 枚と,16 GB x 1 枚の SD カードがフルになった。その枚数たるやいったい何枚になっていたのだろう。心安らぐデン・ハーグでの日々,息を呑むほど美しいアントワープの駅舎,歴史の力に慄いたブリュッセルの古い街並み。すべて。


すべて,さよなら。


それにしても旅人からカメラを盗むとは罪深い。そこに残した記憶を,かけた時間を,返してほしい。今すぐに。財布の方がまだありがたい。


僕にとっては商売道具でもある。Panasonic の GH-2。長年連れ添った,相棒であった。岩肌切り立つ穂高連山で命の危険を感じたときも,然別湖でスノーシューハイクにはしゃいだときも,ロシアのウラジオストクで軍人に囲まれたときも,中国の甘粛省で酒に潰れたときも,モロッコのアガディールで麻薬の密売人に付けられたときも,モンゴルの草原で寒さに凍えたときも,いつも一緒だった。


こうも突然に,引き離されることになろうとは。


もう耐えられない。


今夜はもう悲しみに暮れよう。


見聞読考録 2017/04/03

2017-03-27

オランダに移住しました!

オランダはフローニンゲンに,今月 24日から移り住んでいる。

とはいえ,たかだか 9ヶ月程度だが。。

f:id:kenbun:20170327141535j:image:w640

f:id:kenbun:20170327141534j:image:w640


まずは何より街が美しい。それに,道行く人々が優しい。

100% 全員が優しいんじゃないだろうかと思えるくらい,皆が皆これほどまでにフレンドリーな国はそうそうないだろう。

タイ,あとは台湾,それから沖縄と小笠原くらいか。


仕事の時間を裂いて楽しい立ち話をしてくれた,これからお世話になるフローニンゲン大学の研究者と同僚。

ミラーボールを回し,パーティミュージックを流し,ウェルカムパーティと称して盛大に酒を振る舞ってくれたアパートの隣人。

日本人と見るやいなや,日本人女性の素晴らしさを熱っぽく語ってきたカフェのオーナー(I'm crazy about Japanese girls!)。


もうね,本当に良いところとしか言いようがない。

今のところは本当に申し分なし。


学業だけでなく,人々や社会などあらゆることに目を向けて,貪欲に楽しもうと思う。

さて何が起こるか,楽しみ楽しみ。


見聞読考録 2017/03/27

2017-03-19

学会終了

5日間続いた日本生態学会@早稲田大学を無事終え,札幌に戻ってきた。

実に刺激的で有意義で心休まらない日々だった。


企画した集会も大盛況のうちに幕を閉じ,不安だった英語での口頭発表もなんとか終えた。

もう少し余裕を持って望めたらもっと良かったのだが。


さて,休む間もなく渡航の準備をしなければ。

やっとオランダ生活の実感が湧いてきた。やっと。


見聞読考録 2017/03/19

2017-01-23

然別湖での冬山ハイク

冬の虫を探しに,友人と 3人で然別湖まで行ってきた。

極寒の湖を歩く白銀のスノシューハイク。


f:id:kenbun:20170123191228j:image:w640

f:id:kenbun:20170123191233j:image:w640

f:id:kenbun:20170123191229j:image:w640

f:id:kenbun:20170123191234j:image:w640

f:id:kenbun:20170123191230j:image:w640

f:id:kenbun:20170123191235j:image:w640


天候に恵まれた素晴らしい 2日間だった。


f:id:kenbun:20170123191237j:image:w640

f:id:kenbun:20170123191236j:image:w640


帰りに寄った苫小牧での夜釣りが,ちょっと寒すぎて死にそうだったけど,まぁそれもまた良し。

ビバ・冬の北海道。


見聞読考録 2017/01/23

2016-12-18

シーズン・イン!

山スキー部の後輩と,札幌国際スキー場へ。

ついにシーズン・イン!


でも強風のため,ゴンドラ2本で営業停止!

午前中に切り上げ&撤退!


はい終了!さよならまたね!

でも楽しかった!


見聞読考録 2016/12/18

2016-09-30

1泊2日シーカヤックツアー@積丹!

積丹ブルーの呼名で知られる北海道の積丹半島沿岸の海は,聞きしに勝る透き通った水を湛えていた。


美しい雲の流れる秋晴れの好日,身近におられるすごいお方に連れられて,シーカヤックでの航海に挑戦してきた。積丹半島北東の美国から,マッカ岬・積丹岬を経て,入舸まで。全長およそ10km,1泊2日の旅。積丹の海にしては珍しく,恐ろしいほどに波がなく,世に聞くシーカヤックの過酷さを微塵も感じることのない,素晴らしい旅だった。


人の手を阻む高い断崖,長い歳月をかけて穿たれた深い洞窟,荒波が作り上げた美しく静かな入り江。そこには陸地から近づくことはできない秘境があった。もっと言えば,シーカヤック以外の手段で辿り着ける気がしない。加えて,身近におられるすごいお方曰く,通常は波が高くて,洞窟や入り江には近づけないらしい。まるでトトロのねぐらのような,幸運に恵まれたものだけしか立ち入ることができない秘境中の秘境であった。


大都市,札幌から車でたった2時間足らずで,これほど手付かずの自然に出会おうとは。この惑星本来の美しさを見るような思いがした。


身近におられるすごいお方に,改めて感謝,感謝。どうぞまた連れてってくださいませ,ませ。


f:id:kenbun:20160930184906j:image:w640


見聞読考録 2016/09/30

2016-09-07

槍・穂高,3泊4日単独縦走


台風一過のこの上ない好天に恵まれた,過酷で幸福な山旅であった。


08/31 大宮発の夜行バスで,信州は上高地へ。


09/01 上高地から槍沢を経由して,殺生ヒュッテのテン場へ。標高差約 1400m,全長約 20 キロの行程。


f:id:kenbun:20160907091356j:image:w640

f:id:kenbun:20160907091353j:image:w640

f:id:kenbun:20160907091402j:image:w640

f:id:kenbun:20160907091407j:image:w640


09/02 槍ヶ岳(3,180m),南岳(3,033m)を経て,北穂高岳(3,106m)へ。北穂高岳南峰に張り付くテン場に宿泊。南岳と北穂高岳の間をつなぐ大キレットは,聞いていた通りのヤバさ。


f:id:kenbun:20160907091738j:image:w640

f:id:kenbun:20160907091733j:image:w640

f:id:kenbun:20160907091725j:image:w640

f:id:kenbun:20160907091719j:image:w640


09/03 北穂高岳で朝日を拝む。涸沢岳(3,110m)を経て,穂高岳山荘へ。荷物をデポし,奥穂高岳(3,190m)へアタック。夜は穂高山荘にてテン泊。それにしても,北穂高岳と涸沢岳の間の道は本当に怖かった。吸い込まれそうな崖の縁をしがみつくように進んでいく。一般登山道とはとても思えない。


f:id:kenbun:20160907091841j:image:w640

f:id:kenbun:20160907091845j:image:w640

f:id:kenbun:20160907091838j:image:w640

f:id:kenbun:20160907091834j:image:w640


09/04 ザイテングラードから涸沢を経て,下山。下山のコースは上級者向けのパノラマコースを選択。屏風の頭(2,565m)から臨む北アルプスの峰々の光景は忘れられない。


f:id:kenbun:20160907092024j:image:w640

f:id:kenbun:20160907092019j:image:w640

f:id:kenbun:20160907092013j:image:w640

f:id:kenbun:20160907092011j:image:w640


一瞬でも気を抜いたら谷底にサヨナラ。そんな死と隣り合わせの孤独な日々を過ごした。山に登ると,生きている,ということを強く実感できる。生ぬるい街の生活に浸っていてはなかなかできることではない。


でももうしばらくは岩稜帯はいいかな。

今回のはちょっとヤバすぎた。もうしばらくはお腹いっぱい。


見聞読考録 2016/09/07

2016-08-21

kenbun2016-08-21

帰国,そして再出発

関西空港のロビーにて,旅の経過をメモ。


17日深夜,台風の影響を心配しながらも,予定通りロシアより帰国。

帰りのフライトスケジュールはなかなかにハードだった。


17日 02:35 ノボシビルスク発

17日 09:55 仁川着

17日 18:40 仁川発

17日 21:20 新千歳着


なにがしんどいって,16日をフルで遊びつくしてしまっていたこと。AM 6:00 起床,10:30 まで森と湖を散策,ホテルをチェックアウトし研究所へ。さらにマーケットを散策し,お土産を購入し,市内を観光し,18:00 から夕食,ビールを 1L 胃に流し込んでからの保安検査とフライトと来れば,フライト中の記憶がないのも致し方ないだろう。


北海道に上陸した台風の影響にどぎまぎさせられた帰路でもあった。何しろ,出発の2時間前まで,新千歳空港の天候が Heavy だからという理由で,チケットが発行されなかったくらいだ。あわやもう一泊,というぎりぎりのタイミングだった。


一方で,肝心の旅はといえば,これはもう素晴らしいの一言。過去4回のロシア訪問の中でも,最もスリルのない,快適で実り多き旅だった。何しろ連日の快晴。そして適温。からっと澄み渡る空気は,日本で言えば避暑地のそれに近い。過去17年に渡って同じ場所を訪問し続けている研究者をして,これほど天候に恵まれたことはない,とのこと。最後に慌てた台風をそのツケとしても,調査中の好天はありがたい。せっかくはるばる足を運んでも,何もできないようでは話にならないから。


写真も載せておこう。


f:id:kenbun:20160821124555j:image:w640

f:id:kenbun:20160821125144j:image:w640

f:id:kenbun:20160821124557j:image:w640

f:id:kenbun:20160821124559j:image:w640

f:id:kenbun:20160821125145j:image:w640

f:id:kenbun:20160821130326j:image:w640

f:id:kenbun:20160821130325j:image:w640

f:id:kenbun:20160821130323j:image:w640

f:id:kenbun:20160821130322j:image:w640

f:id:kenbun:20160821130321j:image:w640

f:id:kenbun:20160821125147j:image:w640

f:id:kenbun:20160821125146j:image:w640


次は,国際学会での発表のため奈良へ。

一週間ほど関西に滞在し,さらに中部山岳地帯へ。


札幌に戻るのは 9/8 の予定。

実に良い夏である。このまま無事に楽しめますように。


見聞読考録 2016/08/21

2016-08-02

韓国へ,そしてロシアへ

ロシアはノボシビルスクへ。

久々に気分が高揚している。

今年の夏は(も)良い。とても楽しい。


いったいどんな旅になるだろう。どんな波乱があるだろう。

初日の今日は一先ず韓国・仁川へ。


見聞読考録 2016/08/02

2016-07-25

日本へGO

マレーシアはペナン島よりクアラルンプールを経由して,ただいま帰国。


成田ではまだ見ていないが,今頃街中はポケモンマスターを目指す人々で溢れているのだろうか。

ヘンな世の中になったなぁ。


見聞読考録 2016/07/25