Hatena::ブログ(Diary)

見聞読考録

2017-04-21

オランダのホームセンター

さてそろそろ研究の計画も煮詰まってきたことだし,機材を買い足さなければ。

でも,オランダにホームセンターなんてあるんだろうか。


と思ったら,けっこうあるらしい。


オランダでホームセンターに行こう! - オランダなう


PRAXIS, GAMMA が大きいらしい。

Breur, Hubo, Hornbach というのもあるらしい。


日本でいうダイソー的なのだと Action, Xenos というところがいいらしい。


メモを兼ねて。

この週末に行こう。


見聞読考録 2017/04/21

2017-04-19

学芸員はがん?

生態学会から送られてきた文章を貼っておこう。


生態学の進歩と普及を図ることを通じて、社会に貢献することを目的としている日本生態学会は、博物館とそれを支える学芸員の重要性を改めて確認します。


博物館は、国土の自然や歴史・文化の継承を担うと共に、社会による知的財産の利活用の拠点として、国や地域の歴史的、文化的、科学的に重要かつ貴重な資料の収集、保管、整理、展示、調査研究、教育・啓発活動を行っています。学芸員や研究員をはじめとする博物館職員は、博物館の活動の学術レベルの維持発展と管理運営に重要な役割を果たし、科学の発展・普及や地域づくりにも大きく貢献しています。


日本の博物館は、国際的に高い評価を受けていますが、それは博物館職員の日々たゆまぬ努力の結果です。一方、人材不足や予算縮小のため、十分な活動を行えていない博物館も少なくありません。博物館職員の主たる活動は、世間の目に触れないところで行われています。そのため、その役割は評価されにくい面があります。いま、改めて博物館の意義や博物館職員の役割について、多くの方々に知っていただき、博物館の活動に関して一層のご理解とご支援をお願いする次第です。


2017年4月19日

一般社団法人日本生態学会会長

可知直毅


「一番のがんは文化学芸員と言われる人たちだ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」なんてことを,山本幸三地方創生相が言ったと報道されているけれど,あまりのことに目を疑ったなぁ。。


山本幸三・地方創生相「学芸員はがん。一掃しないと」 発言に批判相次ぐ - The Huffington Post


Google でちょこっと検索したら,検索の上の方に日刊ゲンダイの記事が出てきた。


学芸員はがん発言の山本大臣,政治資金でゴルフや居酒屋に - 日刊ゲンダイ


さて,学芸員と山本地方創生相。

日本のがんはどっちかな。


見聞読考録 2017/04/19

2015-03-11

今日で4年

4年も前の出来事とは到底思えない.

ついこないだのことのような気さえしてしまう.


それはつまり,僕の中でまだ東日本大震災が終わっていないからということだろう.さすがに夢にうなされるようなことは最近はなくなってきたが,それでも当時仙台に住み,福島に祖母をもつ身として,無関係とはいえない状況にあった.自覚はなくとも相当なショックを受けたのだと思う.僕でさえそう思うくらいだ.今なお仮設住宅での生活を強いられている人々や故郷を追われた人々,大切なものを失った被災者なんかは,4年経った今も様々な脅威や不安と戦っているに違いない.


被災者の支援には様々な方法があるが,今日限定のものとして,Yahoo! の取り組みを紹介.Yahoo! の検索画面から「3.11」と検索すると,1回の検索につき,10円が寄付されるのだそうな.普段 Google などを使っているユーザーも,こうあっては Yahoo! を利用せざるを得ないだろう.よく考えられている.だとしても,この取り組みは素晴らしいの一言に尽きる.社会的責任を積極的に果たそうとする企業は,素直に応援したい.大企業ならではの思い切った取り組みに拍手.


f:id:kenbun:20150311144306p:image


中でも福島原発事故による放射線物質の脅威は今なお収まる気配がない.復興を妨げる主要な要因の一つでることに疑問を挟む余地はない.情報を隠蔽し,民を欺き,自らの保身だけに力を注いだ東電や日本政府が,心の底から憎い.僕の大好きな福島は,文字通り汚されてしまった.あれだけの事故をやらかしておきながら,それにも関わらず,未だに原発を推進するとはいったいどういうことなのか.そんなに金が大事か.かけがえのない人命を,自然環境を,なんだと思っている.


その点において,ドイツはすごいなぁ.あれこそ先進国.特に倫理・政治・外交の面において,日本は遅れている.というか,現政権になってから急激に後退している.今やはるか後進国.


メルケル独首相講演の質疑応答:脱原発の決定 - 朝日新聞デジタル


金の亡者に成り下がった与党に,まともな政治は務まらん.現政権の逸早い退陣を望む.もうどっかいってくれ,頼むから.これ以上日本をめちゃくちゃにしないでくれ.


見聞読考録 2015/03/11

2013-11-13

フィリピンを襲った台風30号

フィリピンが大変なことになっている。

特にレイテ島、サマール島は被害が凄まじい。いずれも昨年自分が歩いた土地だ。


フィリピン台風,道路寸断・通信不通 死者1万人の恐れ - 朝日新聞デジタル, 2013/11/11

飲まず食わずで死者からも略奪、フィリピン台風被災地 - AFPBB News,2013/11/11


台風が来たら学校休めるね!なんて、昔は無邪気に喜んでたもんだが、その正体はとんでもない力を秘めた自然災害そのもの。ヒトが逆立ちしたって敵わない。ただ通り過ぎるのを待つだけ。まさに神頼みの典型みたいなものだ。

今回の台風は改めてそれを知らしめた。

f:id:kenbun:20131113021544j:image

f:id:kenbun:20131113021545p:image


日本の例でいうと、伊勢湾台風(1959年9月,国際名:Vera)が記録が残っているもので最も大きな被害をもたらした台風として有名だ。その時の死者・行方不明者 5,098人、被災者数 153万人、全壊家屋 36,135棟、半壊家屋 113,052棟、流失家屋 4,703棟、床上浸水 157,858棟、船舶被害 13,759隻。GDP 比被害額は、関東大震災や東日本大震災と比較されるほどであるというから驚く。

伊勢湾沿岸に上陸した時点での伊勢湾台風の勢力は、中心気圧 929hPa、風速 45m/s 以上、瞬間的には 65m/s、台風の直径 600km という数字で表される。いずれも破格の数値だ。65m/s は時速に変換すると 234km/h なので、それをまともに受けるということは、壁と屋根を取っ払った新幹線に乗るようなものだ。そんな風圧をモロに受ければ、簡単に座席から吹き飛ばされてしまう。呼吸すらままならないことだろう。

要は中心気圧が低い方が台風はより凶暴で巨大になると基本的には見て良い(原理は Google 先生に尋ねられたし)。


さて、今回のフィリピンに上陸した台風“Haiyan”はどの程度の規模だったのだろう。フィリピン気象庁によると上陸時の規模は以下の通り。

中心気圧:895hPa。

風速:87.5m/s。

瞬間風速:105m/s

台風の直径:800km


895hPa!!


105m/s!!

=378km/h!!!!


上陸したものでは観測史上最大の風速を記録したらしい。観測史上最強クラスの台風の直撃を受けたのだ。もはやその情景を想像することすらできない。


風速 105m/s といえば、むしろ竜巻を引き合いに出した方が理解しやすいかもしれない。

風速 105m/s。EF4〜EF5(EF:改良藤田スケール,詳しくは Goog 以下略)の竜巻に匹敵する風速だ。以下にそれによって想定される被害状況を転載する。


EF4(推定風速 75–89m/s)

壊滅的な被害。建て付けの良い家やすべての木造家屋は完全に破壊される。車は小型ミサイルのように飛ばされる。


EF5(推定風速 90m/s 以上)

あり得ないほどの激甚な被害。強固な建造物も基礎からさらわれてぺしゃんこになり、自動車サイズの物体がミサイルのように上空を100メートル以上飛んでいき、鉄筋コンクリート製の建造物にもひどい損害が生じ、高層建築物も構造が大きく変形するなど、信じられないような現象が発生する。EFスケールが導入された2007年2月1日以来、2013年5月までにこの階級の竜巻は全米で9例確認されている。

(いずれも Wikipedia より)


定義を記述しているのに、“あり得ないほど”とか“信じられないような”なんていう言葉で語られるところが面白い。言葉にできない感がビンビン伝わってくる。


竜巻といえば、今年9月16日に埼玉県熊谷市と滑川町で立て続けに発生し、負傷者 6名,全半壊家屋 24棟の被害を出したものが記憶に新しい。しかし、それら2つの竜巻でさえ、いずれも F1(推定風速 33–49m/s)クラスのものだ。あれだけ恐ろしい自然災害に見えた埼玉の竜巻でさえ“F1(≒EF1)”なのだ。


全体を見ると発生割合 1% 以下と言われる EF4〜EF5 クラスの竜巻にも匹敵する暴風が、直径数百km という超大型台風のサイズでやってくると考えると戦慄する。何時間も吹き荒れられていては、屋内にいても安全とは言えない。鉄筋コンクリートのマンションだろうと高層ビルだろうとただでは済まされない。基礎から根こそぎ飛ばされるかもしれない。途中でポッキリ折れるかもしれない。


観測史上最大というのは、台風に限った話ではない。

ハリケーン。サイクロン。呼び名は違えどいずれも本質的には同じものを指す。


ハリケーンといえば、2005年8月にアメリカを襲った“Katrina”を思い出す人も多いだろう。1,500人以上もの犠牲者と、2兆円にも及ぶと言われる経済的な打撃を同国に与えた。上陸時の中心気圧は 920hPa。広大なアメリカ大陸を飲み込むように迫る衛星写真が印象的だった。

f:id:kenbun:20131113021540j:image


そんな歴史的な超大型台風も今回のフィリピンの台風と比較するとこの通り。まるでありきたりな通常の台風のように見えてしまうから驚く。

f:id:kenbun:20131113021542j:image


そしてその甚大な被害を与えたのは風だけではない。

特に厄介なのは高潮なのだという。伊勢湾台風のときも同じことが考察されている。


f:id:kenbun:20131113021543p:image

フィリピンの台風の被害を写した写真にこんなものを見つけた。浜に大型漁船が打ち上げられている。まるで東日本大震災のとき津波に押し流された気仙沼市の“第18共徳丸”のような様相だ。


台風に伴うこの高潮を時に“気象津波”と呼ぶことがあるという。

この現象は“吸い上げ”と“吹き寄せ”によって起こる。


気圧が 1hPa 下がると、潮位は約 1cm 上昇すると言われている。通常時(1013hPa)と比較して考えると、フィリピンの台風“Haiyan”が上陸したとき海面は通常時より 118cm も上昇していた計算になる。海抜 1m 未満の土地は全て水浸し。街は水没するだろう。風なんか吹かなくても、すでにこれだけで甚大な被害をもたらすことは目に見えている。


加えて、90m/s もの風である。これによって、“吹き寄せ”の効果が“吸い上げ”による海面上昇に加わる。


台風により沖合から海岸に向かって強い風が吹くと、海水は海岸に吹き寄せられて海岸付近の海面が上昇する。潮位の上昇は風速の2乗に比例し、風速が2倍になれば海面上昇は4倍になる。これが吹き寄せ効果だ。さらに遠浅の海や、風が吹いてくる方向に開いた湾の場合、地形が海面上昇を助長させるように働き、特に潮位が高くなると説明されている。

フィリピン襲った恐怖の「気象津波」 「吸い上げ」と「吹き寄せ」で4、5メートル高波 - JCAST ニュース,2013/11/11


だから、台風の接近時には海に近づくべきではない。


特に海を相手にする生物学者が危険を省みず調査に出かけるのを見ると、本当に心配になる。フィールドを相手にする人間は、自分の興味の対象だけでなく、その場所で起こりうる現象を幅広く学んだ方が良い。そういう想像力がリスクを回避し命を留めることに繋がるはずだ。


台風の上陸時、レイテ島には 4〜5m もの高波が絶え間なく押し寄せていたと推定されるそうだ。低い土地は水没、地上部は大型の竜巻にも匹敵するレベルの強風。もし自分がそこにいたら、果たして生き延びられるだろうか。推定死者数1万人以上はハッタリではないと思う。義援金などもすでにいろいろなサイトで受け付けているようだ。


f:id:kenbun:20131114205829j:image

裏路地に集う子どもたち(フィリピン・セブ島,2012/05/16)


参考資料:

猛烈な台風ハイエン、フィリピンに上陸 - CNN.co.jp, 2013/11/08

最近発生した事例一覧(速報) - 気象庁


見聞読考録 2013/11/13

2013-07-12

今週のゲストは東北大学の鈴木紀之さん!

夢★夢 Engine! 2013年7月6日放送分。


f:id:kenbun:20130712143427j:image

「僕は、今でも昆虫少年です」と言う鈴木さん。


f:id:kenbun:20130712143428j:image

の、この笑顔!


f:id:kenbun:20130712143429j:image


<鈴木さんの研究の詳しい内容はこちら>

https://sites.google.com/site/noriyukiresearch/

http://column.odokon.org/2013/0114_150000.php


見聞読考録 2013/07/12

2012-06-15

中国 in 2012

明日から調査で中国に行く。甘粛省と四川省。

いわゆる「奥地」ってやつ?


調査地周辺の地図を Google Map で確認すると、高いところで 4000m もある。高い。すごく高い。高山病とかにならなきゃいいけど。


しかし楽しみだな。わくわくしてきた。

羽目を外さない程度に、楽しんでこよう。

フィールドワークはいつだって、わくわくの連続なんだ。


見聞読考録 2012/06/15

2012-02-10

第6回みちのく進化生物セミナー

第6回みちのく進化生物セミナー

鈴木紀之さん

テントウムシのニッチ分割と群集生態学における繁殖干渉の意義


来週金曜日開催予定。

乞うご期待!


f:id:kenbun:20120210141607p:image


見聞読考録 2012/02/10

2011-11-04

第3回みちのく進化生物セミナー

今日はセミナーがあった。

これ。


講演は三つのトピックからなっていた。

一つ目は、ブナやナラ類の結実の豊凶現象(豊作/凶作の年変動)の謎に雄花と雌花の割合に着目して臨んだ理論研究。

二つ目は、マイクロRNA による遺伝子制御機構の複雑性進化。

三つ目は、オミクス学の展望。理論研究のこれからを見据えた講演者の問題提起と意見。


独自の視点から問題に望む姿勢が印象的だった。勉強不足でここに詳しく書き残せないのが残念。


次回の講演者は、カメフジツボの研究者として有名なこの方。

日程は来月2日。今から楽しみだ。


見聞読考録 2011/11/04

2011-09-30

見聞読考

ブログのタイトルにある「見聞読考」という言葉。言うまでもなく造語。思考の全てを表現する単語として、マルコ・ポーロの見聞録から連想して造った。この言葉を Google で検索しても前までは自分のブログしか出てこなかったと思うんだけど、今検索してみると結構ヒットする。ということにさっき気づいた。


あれ?流行ってんのか?これが“元祖”ってやつなのか?それとも元々あった言葉なのか?


わからん。まぁどうでもいいか。


見聞読考録 2011/09/29

2011-09-16

apple のキーボードを windows 7 へ対応させる

Boot camp を使って macbook pro で走らせている Windows7 64bit。やっと快適に使えるようになってきた。とはいっても、キーボードの設定を変えただけだけど。


使ったのは以下の2つ。メモ。


AppleKbWin

Google日本語入力


見聞読考録 2011/09/16